意識高い系はここがウザい!その理由と対処法

意識高い系がウザい理由 ブログ・仕事

どうも皆さん、こんにちは!まっつんです。

 

ここ最近、Twitterを何となく眺めてみると「意識高いようなツイート」を結構見かけるようになったので、今回は意識高い系にありがちな行動をまとめてみようと思います。

 

みなさんは・・・意識高い系ってどう思いますか?

個人的には、意識高いのは素晴らしいことだと思うんですけど、その意識高い思想を他人に押し付けるのはあんまりいい事じゃないと思っているところです。

 

 

 

意識高い系は承認欲求が高い!

意識高い系によくある共通のものが「承認欲求が高い」っという事です。

 

承認欲求って何ぞや?っという人のために軽く説明すると「みんなに認めてもらいたい!」っという人間にある欲望の一つです。

 

例えば、TwitterなどのSNSで例えると

  • みんなに見てもらえるよう努力する
  • 人気になりたい!
  • いいね!が欲しい!
  • 私はこう思っている!誰か共感してくれる人いない?

みたいなどうせ「SNSやるならみんなから注目されなきゃ!」←これが承認欲求というヤツです。

意識高い系にありがちな行動

「意識高い系がよくとる行動ってどんなの?」

っという人に向けて自分なりに「意識高い系はこんな行動取ってる!」みたいにまとめてみました。

 

横文字・カタカナ語をよく使う

ビジネスとかでよく使うような一般には浸透していないカタカナ語をよく使います。

日本語で話せばいい物をわざわざ一部分だけ英語にしてみたり、英語で話すにしてもイントネーションをわざとらしく英語っぽく話してみたり、とにかく「普通に話せよ・・・」っと思いたくなるような話し方をしてきます。

 

中には英語の意味も分からずにかっこよさ重視で一部分だけ英語にしているような人もいます。

 

世界に目を向けるのは良いことだとは思いますが、それを自慢している姿は痛々しいですね。

 

政治・経済が大好き!

「これからの時代は個の時代だ!」「これからは個人で稼いでいかないといけない」

 

・・・っという感じで、意識高い系は経済とか政治とかが大好きです。

しかも、日本をいい感じで捉えているわけではなく、「日本に頼るのはダメ人間のすることだ!」みたいに見下した態度を基本的に取ります。

 

そんなに日本を見下すなら海外移住でもすればいいのにっと思いますね。

 

持ち物はブランド物

意識高い系の持ち物は結構ブランド物が多いです。

 

稼いでいるのであればご自由に・・・という感じで受け流すこともできますが、借金してまでブランド物を身に着ける姿はどうだろうと個人的に思います。

 

「ブランド物身に着けてる俺カッコいい!」っと思っているんでしょう。

 

意識高い系を対処せよ!

さて、この微妙にウザい意識高い系をどうにかして対処したい!っと思う人は結構いると思います。

 

なので、ここでは「意識高い系の対処法」について紹介していこうと思います。

 

頭の中を空っぽにして話を聞く

まず、誰も傷つけることなく自分自身を守る方法として、「頭の中を空っぽにして話を聞いておく」ことが大切なんじゃないのかと思われます。

 

理由としては、意識高い系は問題提起のみで自分がどう行動するのか、聞く人にどう行動してほしいかを明確にしないため、結局聞いたところで何も変わらないので聞くフリをしておきましょう。

 

聞くフリをする方法

「聞くフリ」って

  • 時々頷いてあげる
  • 特に何も質問はしない

この二つをまずはやってみましょう。

 

相手の功績についてしつこく聞く

意識高い系は偉人の言葉をよく多用して自分がいかに学習してビジネスに生かしているのかを自慢してきます。

 

そこで敢えてしつこく相手の功績について聞いてあげましょう。

 

この時注意しておきたいのが、偉人の功績ではなく「偉人の功績を自分のことのように語っている意識高い系の功績」について聞くことがポイントです。

 

シッカリ功績を積んでいるのであれば、スラスラと話せますが大抵は何も積み重ねていないのが現状ですのでこの「相手の功績についてしつこく聞く」方法は効果絶大なんじゃないでしょうか?

 

用事を作って立ち去る

この「用事を作って立ち去る」っという方法も相手を傷つけずに尚且つ自分の大切な時間を失わずに済む効果的な手段でしょう。

 

いつ絡まれるか分からないので普段から「誰かに絡まれたらこんな風に返す!」っというキメ台詞みたいな言葉を頭の片隅に入れてみるのもいいかもしれません

 

典型的な用事の作り方

「そんな都合よく用事なんて作れるわけがない!」っという人に向けて、人との離れ方についていくつか紹介していきます。

  • ここ最近寝不足だから話聞ける気がしない。また今度話そう。
  • 今日はちょっと野暮用で急がないといけない。すまないね。
  • 今日ゲームのイベント日だから時間が惜しいんだ。ごめんな?

などなど要するに「君の知らないところで自分は忙しいんだ!」っと思わせるような立ち回りをすることでその場から一旦離脱することが出来ます。

 

意識高い系への対処だけで無く、「何となくこの人には近寄りたくないな・・・」っと思う人にも効果的です。ぜひ実践してみましょう。

 

一回ブチ切れてみる

あんまりビジネスだの日本は終わっているだの口うるさい意識高い系には一回本気で切れてみましょう。

 

自分の素直な気持ちを伝えられるほか、相手にも「自分の情報は相手にとって不要な物だったんだ」っと気づかせることもできます。

そのうえ「もうこの人には話さないでおこう」っという反省させることも可能です。

 

ただし場合によってはその人と縁を切ることにもつながりかねないので、キレる場面をしっかり見極めましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました