会社の休憩時間が苦痛になってない?その対処法とは?

jobs Break time pain ブログ・仕事

v(。・ω・。)ドモ

まっつんです。

今回は、会社の休憩時間が苦痛で仕方ない!っという人に向けてその対処法を考えて行こうと思います。

 

 

休憩時間を気軽に過ごす方法

そもそも、「休憩時間が苦痛」っというほうがおかしいとは思いますが、確か労働基準法で8時間の労働時間に対して45分以上の休憩時間を入れなさい!

 

っという法律があるので、それに従わないといけないみたいです。

 

そこで、私は休憩時間の過ごし方を考えることにしました。

 

黙ってスマホを弄ってやり過ごそう!

社会人なら、ほぼすべての人が持っているであろう「スマートフォン」これを弄っているだけで結構時間をつぶせます。

 

何なら、適当にスマホゲームをダウンロードして遊んでみましょう!

既にハマっているゲームがあるのなら、それをするのもいい手段です!

 

新入社員で、周りに仲のいい先輩いない・・・っという人も、ゲーム関係で仲良くなる可能性だってあります。

 

実際、新入社員が会社に溶け込むには、仕事に慣れることも大事ではありますが、それよりも仲のいい先輩を見つけたほうがずっと気が楽ですし、何かわからないことがあったら、その先輩を頼りにできるのでゲームをするのはおすすめです!

 

 

仲のいい人と一緒に休憩に行こう

・・・いうまでもないですね!

仲のいい人と一緒に休憩に行ったら、自分の知らない大切な情報が入ってくるかもしれません。

 

自分の経験としてこんな情報を得ることもできました!

 

自分が仲のいい人と休憩に行って得た情報
  • 会社の状況
  • 他の部署にいる人の意外な一面
  • ハマっているゲームの情報
  • 昼飯の内容

などなど、その日その日によって、得られる情報は少ないですが、様々な情報を会社の仲間から得ることだって可能です。

 

・・・まぁ、要するになるべく仲間を作ったほうがいいってことですね!

 

休憩時間をズラして行ってみよう

ちょっと嫌な人に休憩に誘われたときには、仕事優先ってことで断って、あとから休憩に行ってみてはどうでしょうか?

 

その日その日で仕事の量が違ってくる人は、この方法が使えるのかもしれません。

 

「あなたとはいきたくないから行かない!」

 

っというのは直球すぎるので、絶対に使わないようにしましょう。

もしも使ってしまったらその人との関係は一気に崩れ、悪いように部署内で広まるかもしれません。

 

成るべく、「仕事優先」ってことで使っていきましょう!

そもそもなんで苦痛なの?

そもそも、何で会社の休憩時間が苦痛になるのでしょうか?

その人が単純に嫌だから?それとも、休憩時間の度に言い争いが起こるから?

 

そこら辺を解決していこうと思います。

 

 

大半は「仕事の話」をするから

仕事は基本的に人との繋がりで出来ているのではないのかと僕は考えています。

 

そして、遅延・手間などの理由により、人との関係がギクシャクして仕事がいやになるんじゃないのかなと考えています。

 

その嫌になることから解放される時間が「休憩時間」

 

その休憩時間にさえ仕事の話を持ってこられると、逃げ場所がなくなる・・・そして「休憩時間がいやになる」っと僕は考えています。

 

逆に言えば、仕事の話をしなければ、「休憩時間がいやになる!」っという心の叫びは解消するのではないでしょうか?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました