TwitterのDMで詐欺・勧誘をする人の特徴

ブログ・仕事

どうも皆さん、こんにちは!ツイッターのDM詐欺・勧誘によく絡まれるまっつんです!

 

今回は、TwitterのDMで詐欺・勧誘をしてくる人たちの特徴を話していこうと思います。

 

 

TwitterのDMで詐欺・勧誘をする人の特徴

TwitterのDM(ダイレクトメール)って結構便利で、世界中どんなタイミングでも一対一の会話が楽しむことができる。

 

それゆえに「自分は注目されている感」「特別感」が出てきがちです。

 

TwitterでDM詐欺・勧誘をしてくる人たちは数パターンに分類されます。

そのパターンがこちら!

 

  • 雑談からのLINE@
  • これも何かのご縁
  • どこにお住いですか?
  • ○○さんも東京にお住いですか?
  • 最初の一言「フォローしてきたってことは・・・」
  • ビジネスに興味あるのですか?
  • 四本の動画URL

 

 

【TwitterDM詐欺勧誘その①】雑談からのLINE@

例えば、「知らない人に声をかけられた!」ということになった場合、まず最初に「誰だこいつ・・・」っという感じで怪しみますよね?

 

これはTwitterでも大体同じで、いきなり「LINE@登録してださい!」っと話しかけられても誰もLINE@なんか登録するわけないですよね?

 

だから、なにか最初の一言は、何気ない雑談から始まるわけです。

 

そして、目的のLINE@登録のお願いは、大体2~3コメント目で来ます。

 

2~3コメントだけで本当に「信頼ができる仲間」だと認識してもらえるっとおもっているのでしょうか?

 

おそらく複数人同時に相手をしているのでしょう。

 

 

 

なぜTwitterでの勧誘なのにLINE@への登録を促すのか?

このLINE@への被害を受けた人の中で疑問に思ったことは無いでしょうか?

 

疑問におもったので、LINEの特徴を簡単にまとめてみることにしました!

LINEの特徴
  • 複垢は基本的に無理。
  • 電話番号登録が必要
  • 身近な人との連絡によく使われる
  • スマートフォンの場合、返信が来たらすぐに内容と差出人がわかるようなシステム
  • 何より、使いやすい
  • タイムラインでTwitterみたいな活用方法も可能

などなど・・・本名登録必須じゃないにしろ、

  • その人がどんな繋がりを持っていて
  • どんなことに興味があって
  • しかも無視される可能性が低い

相手に丸わかりな状態になります。

 

これはLINEによく似たアプリの一つでもあるカカオやSkypeにはない機能ですね!

 

そして、LINE@を一回登録してしまったら、消すことがなかなかできないのも特徴の一つなんじゃないのかなと思います。

 

 

【TwitterDM詐欺勧誘その②】これも何かのご縁

これも、勧誘パターンの一つでビジネスの勧誘をしてくる人はとにかく、何かしらの偶然を装います。

 

もっと言い方を変えてしまうと「運命」という言葉もよく使ってきます。

 

そもそも、Twitterでフォロー・フォローバック(フォロバ)は結構日常的に行われているものであって、その行為にときめくかといわれると、ときめかないと思います。

 

たとえるならば、「道端ですれ違う人々にときめきますか?」っという感じです。

 

でも、その人の親切で道案内をしていたとか、よっぽどの可愛い子・もしくはイケメンだった場合はときめくかもしれませんが、

 

Twitterは結構自分を偽ることも可能で「この人に一目ぼれしました!」っというよりか、

  • 「この人のアイコンに惚れました!」
  • 「この人の文章術に惚れました!」

っといったところですね(;^ω^)

 

【TwitterDM詐欺勧誘その③】どこにお住いですか?

これも一見日常会話のように思えますが、ビジネス勧誘をする人達はこの後、

  • 自分現在いる場所に近い場所だった場合は直接会ってビジネス勧誘
  • 遠かった場合はLINE通話でビジネス勧誘

 

このビジネス勧誘の特徴としては、

  • やたら大学生が多い
  • 過去に借金を抱えてそれを返済している(計画性が無い)
  • 第三者を連れてくる
  • その第三者からビジネス勧誘をしてくることが多い

などの特徴があります。(何回かこの形でビジネス勧誘を受けました)

 

ネットビジネスをやっている大学生が怪しいのはなぜか?原因はツイッターの使い方にあった!
どうも皆さんこんにちは!ネットビジネス疲れのまっつんです!今回は、僕がTwitterでネットビジネスの勧誘DMを受けてきた中で、大学生の肩書きがなんか異様なレベルで多かったので、何でだろうな~ってそれを調べてきました!僕は基...

 

「じゃあ、どこにお住まいですか?」っと聞かれたら答えたらだめなのか?いう疑問がわいてくるとは思いますが、そこに関しては問題ないんじゃないのかなと思います。

 

番地まで言ってしまうとアウトですが、○○県にすんでます!っと大雑把に答える分には住所特定にはつながらないと思うので安心して大丈夫だと思います。

 

 

【TwitterDM詐欺勧誘その④】○○さんも東京にお住いですか?

今、日本の人口の四分の一は東京に集中していると言われています。

 

つまり、日本人全員がTwitterをやっていると仮定すれば、四分の一ぐらいは東京から発信しているっということになります。

 

そこで、「東京のカフェなんかでビジネス勧誘すれば効率よく契約成立に繋がる!」っという考えになるわけですよ。

 

だからわざわざ東京を指定してくるわけなんですよ。

 

【TwitterDM詐欺勧誘その⑤】最初の一言「フォローしてきたってことは・・・」

この一文で始まった場合は、おそらく自動でDMをしてくる人たちなんじゃないでしょうか?

 

基本的に無視して大丈夫だと思います。

 

返信するとあとから断りづらくなるような食いつき方をしてくるので返信には注意が必要です。

 

【TwitterDM詐欺勧誘その⑥】ビジネスに興味あるのですか?

「今労働収入で稼いでいるけど、少なすぎ!」っと思っている方以外と多いんじゃないでしょうか?

 

だから「ビジネスに興味があるのですか?」「ビジネスをやってみませんか?」などという内容のDMが来るわけなんです。

 

こうやって、見ず知らずの人にビジネスのノウハウを教える人たちは、裏で何かしらの形で、お金を絞り取る方法をうかがっているわけなんですよ。

 

要するに、ビジネス勧誘の話には簡単には乗らないほうがいいですよね!

 

まっつんメモ

「権利収入」とかいう言葉でビジネス勧誘してくる人なんかは特に気を付けましょう。

 

 

【TwitterDM詐欺勧誘その⑦】四本の動画URL

MLMの勧誘手口として四本の動画を見せられます。

 

おそらく、「動画を見せる」ことで広告収益として紹介者の手元に入ってくるんじゃないのかなと予想しています。

 

その四本の動画の長さは大体一時間ぐらいの結構長いもので、そのあと、月々の会員費・初期登録費用などを請求してきます。

 

長時間自分の話を聞かせるということがビジネス勧誘のポイントなんじゃないのかなと予想しています。

 

 

まっつんメモ

基本的な勧誘スタイルとして

  • 勧誘者
  • 超高いブランド物を身に着けてる知らない人

この2人体制で勧誘を仕掛けて来ることが多いです。

 

断るスキルを今のうちに磨いておきましょう。明日は我が身です!

 

 

 

 

【TwitterDM詐欺勧誘をする人の特徴①】露骨にポジティブなツイート三昧!

ビジネス勧誘をしてくる人たちのツイートをよく見てみると、これまたポジティブなツイートがわんさかと出てくるんですよね!

 

別にポジティブツイートが全部悪!っとは言いませんが、人間には誰しも

  • 笑いたいとき
  • 泣きたいとき
  • 怒りたいとき
  • 悲しいとき

喜怒哀楽があるわけですので、いつもポジティブな人はそれはそれで少し怖いような感じがします。

 

【TwitterDM詐欺勧誘をする人の特徴②】海外旅行ツイートで自分充実していますアピール

海外旅行は当たり前ですが、結構お金がかかります。そんな安易な気持ちで旅行なんかできません。

 

せいぜい国内旅行がいいところでしょうか?

 

所がビジネス勧誘をしてくる人たちは稼げているのかよくわかりませんが、海外旅行で楽しんでいますツイートを結構な頻度で行っています。

 

羨ましいという感情を視聴者に湧き出させることでビジネスに対する意欲を誘っているようにも見えたりします。

 

でも、DMなんかでビジネスパートナー募集しているってことは「一緒に稼ぎませんか?」っということではなく「利用させてください」っということなんじゃないのかなと思っています。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました