【経験談】職場の上下関係はどうなってるの?年齢で決まるものなの?

ゲーム・アニメ

どうも皆さん、こんにちは!

 

最近、何となく職場の人間関係の全体像が分かった気がするまっつんです!

 

今回は、職場の上下関係について体験談を語っていこうと思います。

 

 

職場の上下関係は年齢順なのか?

では、最初に結論から!

 

僕の体験からしてみれば、職場の上下関係は、同じ立場だった場合は年齢順によるものなんじゃないのかなと考えています。

 

こう思った理由はこんな感じで、

  • 3歳年上の先輩からの指示で動いたのに、10歳としうえの先輩からの圧力で指示変更されていた
  • 2人の先輩から真逆の指示を受けていて、その優先順位がやはり年齢順で従うほうが後々怒られずに済んだから

 

 

職場の上下関係ははっきり言ってめんどくさい

いま、就職活動しているよーっていう人にちょっと先輩面していいたいんですけども、

 

今のこの時代、給料よりも人間関係のほうが重要だったりします。

 

なぜ、そう思うのかというと、

  • 会社に入りたての頃って仕事とか覚えることが結構多いから
  • 人間関係が上手くいかずにベテラン社員でもうつ病になりやすいから

 

これらを詳しく解説していくと

 

会社に入りたての頃って仕事とか覚えることが結構多いから

会社に知り合いがいればちょっとは気が楽になれると思うんですけども、知り合いが全くいなかった場合、人によっては地獄を見ることになると思われます。

  • 新入社員でも即戦力としてみる会社は、大量に仕事を教えていく
  • 分からないところがあると「物覚えが悪い新人」として見られる
  • 新入社員から見れば、全員が先輩なので、恐縮する

これが新入社員の「乗り越えるべき壁」ですね。

 

ここ最近は、会社によっては改善活動をやっているのかと思われますが、やっていないところはやはりやっていません。

 

 

人間関係が上手くいかずにベテラン社員でもうつ病になりやすいから

新入社員が今の会社で人間関係を築き上げるのは難しいのはだれでも知っていることなんですけども、これはベテラン社員でも難しいことなんです。

 

どんな人でも失敗するときは失敗するので仕方ないことなんですけども、

 

中には「失敗を許さない人」なんてのもいるはずなんです。

 

その人なんかと手を組んで、仕事をして、最悪うつ病で休む、いつの間にか仕事辞めてるということも珍しくないんです!

 

 

職場で新入社員が人間関係を構築する方法

新入社員が職場で人間関係を構築させる方法は!ズバリ、アニメにあると考えています。

 

「職場とアニメなんの関係があるの?」っと思われる方もいるのかもしれませんが、結構関係あったりします。

 

今自分がはまっていることを伝えるのもいいのかもしれませんが、ここはひとつ先輩社員に合わせてみるのはどうでしょうか?

 

とは言っても先輩社員に「好きなアニメは何ですか?」っと聞けるわけないですよね!

 

でも、2019年の時点で今の30代から50代の人たちは

  • マジンガーZ などのロボットアニメ
  • 宇宙戦艦ヤマトなどのSFアニメ

この2つのアニメを自分の頭に叩き込んでおけば、何人かの先輩方とは仲良くできると思われます。

 

水木一郎 – マジンガーZ INFINITY

 

yamato2199 Op intro / yamato2009.Ver

 

この2つのアニメは結構人気で、「内容は知らないけどタイトルだけなら知っている!」っという人もいるのではないでしょうか?

 

もっと手っ取り早い話、「スーパーロボット大戦」で気になった原作アニメ・漫画を視聴してみるっというのもいいのかもしれません。

 

要するにベテラン社員と新入社員との間ではジェネレーションギャップが発生しているということでそのギャップを解消するためには新入社員のほうから率先して、ちょっと昔のアニメを知ることが大切なんじゃないのかなと思います。

 

中には「ベテラン社員のほうから今話題のアニメを見て話を合わせればいいのでは?」っと考えている人もいるのかもしれませんが、

 

今のこの時代、結構趣味が多様化していて、ベテラン社員のほうから今話題になっているアニメを見て、新入社員に合わせるというのはちょっと難しいんじゃないのかなと思われます。

 

2019年で言うならば、筋肉を話題にした「ダンベル何キロ持てる?」っというアニメが僕の中では主力だと思っているのでどうしても「ベテラン社員から今話題になっているアニメを知ってほしい」というのであるならばオススメしたいところですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました