飽き性のプロが教える!イラスト上達法!【テキトーに描きましょう】

お絵かき

v(。・ω・。)ドモ

飽き性で割かし有名…だと思いたいまっつんです。

 

今回は、イラスト練習法について…

みなさん、イラスト上達のための参考書って持っているかと思われますが、あれって正直参考になりますか?

 

個人的には「参考書の手本が上手すぎて参考にならないや( ー́∀ー̀ )」

って思ってます。

 

ってことで今回は

「技術的な所じゃなくて、取り組み方」

 

についてお話していこうかなと思います。

 

 

飽き性でもできる!イラスト練習法!

「イラストの練習をしたいので、参考書をガッツリ購入しました!」

「環境をバッチリ整えてみました!」

 

その心意気は大変すばらしいものですが、ぶっちゃけイラスト練習には

  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • コピー用紙

だけで充分です。

 

あ、だからと言って、イラスト参考書や環境を整えるのは無駄なのか?っという点については、

 

無駄ではありません。

 

「機は熟した・・・今こそ我が力を見せるとき!」(訳:たまには本気で描いてみようかな?)

 

とか思った時に活用してみるといいでしょう。

 

紙はそこら辺にあったもので描きましょう

紙の種類としては

  • スタンダードなA4コピー用紙
  • コストの全くかからないチラシの裏
  • お財布の中によく入っているレシートの裏

結構いろいろあります。

 

近くにあった紙でまずは練習してみましょう!

 

寝ながら描いた落書き・・・もっと上達したい!

お布団から出たくなくて、でもお絵描きしたいってなったときに描いた落書き、 ボールペン一本で描いたため、邪魔な線が大量発生・・・そこら辺にあったもので描き上げました!

 

ペンも今自分に近いもので描きましょう

ペンも「どんなのを使っているんですか?」など、youtubeのコメントなんかを見ていればポツポツと出てくるのですが、別にペンもそんなにこだわらなくてもいいと思います。

 

別に普通の鉛筆でも練習を重ねれば化けることが可能ですので、まずはそこら辺にあったペン・鉛筆で練習を重ねるということをお勧めします!

 

っというか、鉛筆が最強なような気がするのは僕だけでしょうか?

 

寝ながら描けるとベスト!

絵を描く姿勢は非常に大切ですが、個人的には、「寝ながら描ける」手軽さが重要なんじゃないのかなと思っています。

 

正しい絵を描く姿勢を学んだとしても、毎日それが実践できるわけではないし、

 

「何なら自分の一番楽な姿勢で描いたほうがいいんじゃね?」

その方法で自分が継続してお絵描きできれば一番いい方法なんじゃないのかなと思います。

 

「一番いい姿勢を頼む」っと教えられても

 

「神は言っている・・・自分で探せと」

 

っという風に一番自分の体のことを分かっているのは自分自身なのです!

 

ワンドロ ミミズ

結構前にTwitterで企画をやっていたので、ノリでサクッと描き上げました!

ミミズ版深夜の真剣創作一本勝負はワンドロのお題におすすめ? https://sanzunokawa.xyz/dlawing/post-1117/

 

 

イラスト参考書の購入はほどほどに・・・

イラスト参考書をこれぐらい買いました! ( ・´ー・`)ドヤァ・・・

 

たくさん買うのは良いのですが、イラストは練習時間はどれぐらい確保できているのかが重要になってきますので、一気にたくさん買うのはあんまり賢くない方法でしょう。

 

一番いい買い方は「描き方に悩んだら買う!」

 

っという方法が一番いいでしょう。

 

あんまりたくさん買ってもスペースを圧迫するだけです。読まない参考書は売るのもいい手段なのかもしれません。

 

SNSは最大限に活用しましょう!

Twitter Instagram LINE ブログ youtube

 

ここ最近はいろんなSNSが流行っています。これらを頻繁に活用していきましょう。

 

せっかく大切な時間を使って描いたのだから、どうせならみんなに評価されたいですよね?

 

それと、SNSにイラストを上げ続けることはモチベーションの面でもクオリティの面でもかなりいい方向で影響を与えてくれます。

 

SNSは頻繁に使っていきましょう!

 

あなたの絵のことを気に入ってくれる人が出てくるのかもしれませんよ?

 

関連記事⇩

ワンドロでおすすめしたいお題集
Twitterにはかなりの数の「ワンドロお題」があるので「まずどんなお題からやったらいいの?」っというお絵描きさんのためにおすすめのワンドロお題を厳選してみました。 そもそもワンドロって何?っという人のためにも軽く解説してます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました