Youtubeの宣伝方法ってどんなのがある?

動画関係

今回は、「YouTubeの宣伝をしたいんだけどどこで宣伝すれば効率がいいの?」っという悩みにお答えしたいと思います。

 

 

 

YouTubeの宣伝方法

今回紹介していく宣伝方法は以下の通り

  • Twitterで宣伝する
  • Instagramで宣伝する
  • ブログで宣伝する
  • ショップサイトで宣伝する
  • LINEで宣伝する

それぞれ宣伝のやり方に特徴があるのでしっかり把握していくことが大事です。

Twitterで宣伝する

Twitterは「フォロワーの数が多い人」に効果的な宣伝方法なのかなと思います。

 

普段からのツイートで他人から「自分youtubeで活躍しています!」アピールをしっかり行っておきましょう。

 

Twitterの特徴として

  • 集客効果があると有名
  • 拡散力が絶大
  • ユーザー同士での交流も頻繁
  • 利用者が全アプリの中でもトップクラス
  • 見ず知らずの人と気軽につながることが出来る

などあります。

 

また、botによる「自動ツイート」機能もあるので動画×Twitterの両立も可能になります。

 

Instagramで宣伝する

Instagramは主に若者が使っているイメージが強く、宣伝効果もあんまりない・・・っと思われがちですが、きれいな写真・サムネイルなんかが取れた時にはこのInstagramで宣伝するに限ります。

 

Instagramの特徴は

  • いいね!で気軽に拡散可能
  • リプライ機能はあるがそれを使った交流はそこまで無いイメージ
  • 文章というよりかは写真重視の投稿をした方がいい
  • フォロー・フォローバックなんかの機能はあるがそこまで使われていない
  • ハッシュタグをたくさんつけることにより多くの人に見てもらえるチャンスをゲットできる

 

写真展示会をイメージしてもらえればおそらくInstagramの使用状況がわかってくるんじゃないのかなと思います。

 

 

 

ブログで宣伝する

ブログは「自分に興味を持った人たちが集まるところ」みたいな感じの場所でInstagramやTwitterみたいに瞬時により多くの人たちに見てもらえる!っという感じにはならないと思います。

 

そんなブログの特徴として

  • 自分の動画について文字数がほぼ無制限なので魅力をキッチリ伝えることが出来る
  • 自分専用の宣伝空間みたいな活用ができる
  • 動画のほかにも画像・商品紹介リンクなどいろいろブログに張り付けることでさらなる収益を獲得することが出来る
  • 基本は文字による解説なので「文字より動画!」っという人には少々不向き
  • タイピングスキルが結構重要になってくる
  • 一記事作るのにそれなりの時間を要する

 

自分主催のセミナーとか個人展示場なんかをイメージしてもらえるとわかりやすいと思います。

 

ショップサイトで宣伝する

本来は、洋服とか日用品なんかを取りそろえるような場所ではありますが、そんなところでも動画の宣伝は可能です。

ただしあくまで「商品を売る場所」であるのでその商品に関する宣伝を心掛けたいところですね。

 

そんなショップサイトの特徴は

  • 商品売買が主なので動画の宣伝は二の次になりがち
  • その商品に関連した動画の宣伝を心掛けること
  • 商品も作れて動画も作れる!っという万能スキルを持っている人向けの宣伝方法
  • TwitterやInstagramなんかの人気アプリと相性抜群

 

露店販売・小さな雑貨屋なんかがイメージとしてちょうどいい感じでしょうか?

 

LINEで宣伝する

最後に、LINEで宣伝する方法です。

LINEは「大勢のユーザーと交流する!」っというよりか「少人数で交流する!」っという使い方をしている人が結構多いんじゃないのかなと思います。

少人数でつながる分、そのつながりは結構深い物になってくるかと思われます。

 

そんなLINEの特徴は

  • タイムラインでTwitterみたいな使い方ができる
  • 少人数なので情報が結構浸透しやすい
  • 関係の深い人でつながるので、リアルであったときに話のネタにもなりやすい。

 

仲のいい友達との会話なんかがイメージしやすいと思います。

 

まとめ

ここまで「どうやってyoutubeの宣伝をやったらいいか?」っという人に向けてこの記事を書いてみましたが、

「宣伝をどう効率的にこなすか?」っという事も大事ですが、「面白い動画を作っていく!」っという精神もかなり大事になってきます。

 

例え宣伝が上手くいったとしても肝心の動画がつまらなかったら視聴者は別の動画に逃げていくので宣伝の効果はほぼゼロ・・・

 

そんな悲しいことにならないように面白い動画を作っていくことが一番大事なんじゃないのかと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました